--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/07/2007    悲しい・・・
モンは6ヶ月弱になりました。
モコはウチに来て10日ほどでトイレを覚えましたが、
モンはモコのを見て覚えるでしょ!と安易に考えていて
あまりトイレを教えていなかったので結構覚えるのが遅かったのですが、
やっとこさ、トイレを覚えてくれました。

といっても、まだまだたまーにソファーの上で大も小もやってくれてたりして、
油断は出来ませんが・・・。

imgf6532f0azik9zj[1]





この日は今年2回目のフィラリア投薬の日。行きつけの「大東動物病院」へ。



モンは体重を量ってもらったら3.0kgになってました・・・。(ガビーーン!)
順調に大きくなってるねぇ~。
(まぁ、安全に赤ちゃん産むには3kgぐらいあるほうがイイってことなんで、
別にイイんですけど・・・。【もうこれ以上は・・・】)
先生の診察の結果、特に異常はないということでしたが、
この日の前々日ぐらいに耳掃除した時に、異常に耳垢がたまっていたので、
その事を先生に伝えて、薬を滴入してもらいました。
汚れの原因はカビらしいのですが、特に異常は無いんだそう。
本当に異常がある場合は耳掃除した翌日にまたゴッソリ溜まっているんだそうです。)


お次はモコ。
モコは最近ガリガリだったので結構ごはんを多めにあげていたのですが、
増えずに4.1kg。モコは足も長くて骨格が大きいので4.0kgでは
背中を触った時に背骨がゴツゴツと分かるぐらい。
もうちょっと太ってもらわないと。

で、今回このモコの診察中にかなりショッキングな宣告をされました・・・。


















先生が神妙な面持ちで、でもサラっと、
「モコ君はモンちゃんと交配させて子供取るっておしゃってましたっけ。
残念ですけど、モコ君は子供作れないですね。」
って・・・。

あまりにも寝耳に水で、聞いてすぐには「え?」って感じでしたが、
先生はさらに淡々と
「これは停留睾丸といって通常生後何週間かで足の付け根からお尻の近くまで
降りてくる睾丸が、足の付け根で止まっていて、このまま足の付け根で止まっていると
自分の体温で生殖機能が失われてしまうんです。」
と続けられたので、
あまりにもショッキングな宣告だったのに、なんだか分からないうちに
話を受け入れてしまった感じでした・・・。

この停留睾丸って生後半年もすると、この睾丸が降りてくる道が
塞がってしまうので、それ以上待ってももう降りてくる可能性はほぼ無いんだそう。
早期発見できていれば、簡単な手術で治っていたそうなのですが、
ココまで大きくなってしまうと、手術できるお医者さんは日本に数名しか
いないんだそうです・・・。


モコの子供欲しいと思っていたので、
(じゃあ、そのお医者さんに診てもらって・・・)
という気にもなりそうなもんですが、この病気は遺伝するらしく、
男の子が生まれたらまた同じように停留睾丸になってしまうんだそうです。
モコの子供が欲しいという飼い主のエゴだけで、
モコにもその子供にも辛い思いをさせるわけにもいかないので、
泣く泣く、モコは諦めて、モンちゃんには別の子と交配してもらうしかなさそうです・・・


さらに悪い事に
この停留睾丸、停留したままほっておくと悪性の腫瘍化してしまう可能性が
非常に高いらしく、頃合いを見て虚勢手術をしないとダメなんだそうです・・・


と、まぁかなり辛い宣告をされてしまいました・・・。







子供が出来なくても、モコはモコ、
これでモコに対する見方や接し方が変わる訳でもありません。

この残念な出来事にも負けず、これからもモコとモンを可愛がっていくぞ!
と、ココロに誓ったKOBE夫妻でした。



↓親のココロ、子シラズ・・・。まぁ元気(?)で何より何より。

img965ceb34zik3zj[1]




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mocoandmont.blog25.fc2.com/tb.php/35-5a40ef86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。